Japan Business Service Ltd.

新着情報

おいしい紅茶の作り方

更新日:2015年4月22日 - 新着情報

【紅茶をおいしく飲む3か条〜ストレートティー編〜】

SFD&ベリータルト3紅茶を美味しくご自宅で飲む秘訣。それは、3つあります。

1、お湯の温度

2、茶葉の量

3、ポットで蒸らす時間

この3ヵ条を思い出しつつ、ご自宅で紅茶を淹れればそれは、もう街のカフェで飲む紅茶同然です。かといって、「絶対に○○しないと!」と決めつけては、紅茶を淹れることもおっくうになってしまうこともあるので、是非「お手軽」に紅茶をいれてみてくださいね。

 

1、お湯の温度

まずお湯をわかします。普段、湯を沸かす時は何を使いますか。やかんや、ポットの方が多いと思います。時間が無い時は、それでも構わないのですが、是非、小 鍋を使って湧かしてください。なぜなら紅茶の最適温度は98度と言われています。ポットや、やかんだと、その温度に達する前に沸騰のサインが出てしまうの で低い温度の湯を使うことになります。温度の高いお湯が、ティーポットに入れた茶葉をしっかりと開かせます。小鍋のお湯の目安は、鍋に入れた水が沸騰し て、5円玉くらいの泡がボコボコとしてきたら火を止めます。またこの時、空気を沢山含む湯となり、それは茶葉をさらに湯の中で開かせる最適な湯だと言えま す。※熱湯には十分ご注意を!

 

ホットティー2&パスタ42、茶葉の量

あらかじめ、使用するポット、カッ プに少量の湯を入れて温めておくことをおすすめします。お茶を注いだ後にカップの温度の急速な低下を防ぎます。さて、ここで茶葉の量と蒸らし時間をご説明し ます。大まかには、茶葉の大きさによってカップ1杯あたりに使用する茶葉の量と蒸らし時間が違うと言って良いでしょう。ファーストフラッシュダージリン、 セカンドフラッシュダージリン、オレンジペコーなどは葉が大きめ(砕かれていない)なのでティーカップ1杯につきティースプーン中盛り1杯が目安です(約3g)。また、ファイネストと呼ばれる、多少、葉が砕かれて粉々になっている茶葉も多くありますが、こちらは前者より 若干少ないティースプーンすり切り1杯が目安です。そして茶葉の量も多すぎても、えぐみが出てしまうこともありますのでご注意くださいね。茶葉は大切に使いましょう。

3、ポットで蒸らす時間

そ して蒸らし時間は、上述しましたファーストフラッシュや、セカンドフラッシュなど見た目で茶葉が大きいと感じるものは、タイマーで3分半測り蒸します。茶葉が撚れているので、開くまでに時間がかかるからです。一方、他の種のファイネストはお湯を淹れたら、2分半くらいで茶こしを使ってカップへ注ぎ分けましょう。これは、葉が、より細 かければ葉のカットされた面から効率よく抽出されることより、短時間の蒸らし時間でお飲み頂けるからです。両者ともに言えることは、必ずタイマーや砂時計を使って時間は 測りましょう。これが一番大切だと思います。

【紅茶をおいしく飲む3か条〜ロイヤルミルクティー編〜】

〜現在編集中です。

【紅茶をおいしく飲む3か条〜ティーバッグ編〜】

〜現在編集中です。

 

最後に言い忘れました。紅茶を淹れる時は、気持ちも大切です。ゆったりとした気持ちで淹れましょう。心もリフレッシュできるはずです。



ジャパンビジネスサービスへの紅茶のお問い合わせはこちら シャンティ紅茶の美味しい飲み方 お得な業務用シャンティ紅茶に関するお問い合わせはこちら